中部リサイクルは、焼却灰を貴重な金属や建設資材に資源化するゼロエミッション・ファクトリーです。

中部リサイクルは、焼却灰を
貴重な金属や建設資材に資源化する
ゼロエミッションファクトリーです。
文字サイズ
トップページ > 工場設備 > 焼却灰等/溶融処理施設

焼却灰等/溶融処理施設

焼却施設から排出された焼却灰を、電気式溶融炉を使用して再資源化します。
焼却灰、焼却飛灰、脱塩飛灰、無機汚泥を高温で溶融し、徐冷・再結晶化させ「溶融還元石 エコストーン」に生まれ変わります。
溶融メタルは有価金属として売却し、外部の精錬工場で金属素材として再生します。さらに集塵装置で捕集した溶融飛灰は亜鉛、鉛が豊富に含まれるため非鉄精錬工場で再資源化します。
ロータリーキルン(乾燥機)

ロータリーキルン(乾燥機)

焼却灰は、回転する窯(キルン)の中で熱風とともに撹拌され、含有されている水分を除去。還元溶融炉でのスラグ・メタル生成に備えます。

還元溶融炉

還元溶融炉

焼却灰を1500℃以上の高温に加熱、溶融する装置。比重の差を利用して、溶融還元石と溶融メタルを効率的に分離・出滓します。

還元溶融炉
溶解還元石 溶融メタル

リサイクル製品

分離した溶融還元石と溶融メタルは、それぞれ高品質なリサイクル素材として再活用されます。

溶融処理施設

対象品目 : 燃え殻、汚泥、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、 鉱さい、がれき類、 ばいじん、処分するために処理したもの(コンクリート固形化したものに限る)
特定有害鉱さい、特定有害ばいじん、 特定有害燃え殻、特定有害汚泥 (以上 Cd、Pb、Cr6+、As、Se を含むもの)
注)ガラスくず及び陶磁器くず、ならびにがれき類は石綿含有産業廃棄物を除きます。
前処理設備 : 分篩、磁選、乾燥、脱塩
処理能力 : 67.2t/日
稼働時間 : 24h/日
炉型式 : サブマージドアーク炉

構造・設備の概要

①篩、磁選機
②ロータリーキルン式乾燥機
③ブリケッタ(原料固化機)
④還元溶融炉(サブマージドアーク炉)

環境保全対策

・コンベヤラインには全てカバーを付け防じん対策。
・溶融炉は密閉構造とし、乾燥、溶融排ガスはバクフィルターで集塵。
・発塵箇所は環境対策としてバクフィルターで環境集塵
資源化工程を動画で観る