東山植物園(名古屋市)お花畑「花いっぱいプロジェクト」に参加

(花壇の縁石等に当社エコストーン(溶融スラグ)が使用されています)

中部リサイクル株式会社
大 有 建 設 株式会社

趣旨と内容(東山植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」説明資料より)

 名古屋市東山植物園のお花畑は、1987年の開園50周年事業で「世界のお花畑」として設置され、樹林地の多い植物園内において数少ない開放感のある空間として、事業後も「お花畑」として親しまれています。
東山動植物園で進めている再生プランの一環として、お花畑を含む一帯を「花と緑のふれあいゾーン」として市民や企業とのパートナーシップによる、うるおいのある空間づくりを展開していくことを計画し、昨年「花いっぱいプロジェクト」をスタートさせました。
この秋の花壇づくりは、「フレンドリー花壇」(市民参加型)と「オーナー花壇」(企業等参加型)の2種類のスタイルで実施しています。
花壇のメインテーマは、「心に花を」で、エリアごとにサブテーマを設けています。
なお、花壇の一部縁石等に当社エコストーン(溶融スラグ)が使用されています。
説明プレート

 

higashi1higashi2

エコストーンの使用状況(1)・・・岩石状のものがエコストーンです

higashi3 higashi4

エコストーンの使用状況(2)

higashi5