中部リサイクルは、焼却灰を貴重な金属や建設資材に資源化するゼロエミッション・ファクトリーです。

中部リサイクルは、焼却灰を
貴重な金属や建設資材に資源化する
ゼロエミッションファクトリーです。

地域融和

  • HOME »
  • 地域融和

 地域融和

conci_01
施設を随時公開しています

中部リサイクルでは、地域融和と信頼性の高い施設運営を目指して、社内諸施設を弊社周辺地域にお住まいの方々に公開しています。
(写真:「なごや環境大学」で見学者のみなさんと) 

conci_02
自治体イベントに参加しています

毎年、夏季に催される名古屋市主催の「環境デーなごや」に参加、当社の事業内容やリサイクル製品の展示により、市民の皆様の理解を深めて頂いています。
(写真:「環境デーなごや」でのブースの様子) 

地域に根ざした社会貢献活動に取り組んでいます

地域開催の秋の運動会等には積極的に参加する他、清掃活動を行い、地域との融和を図っています。
当社は、法令に規定された諸基準の遵守はもとより、環境保全に対し、積極的に取組み ISO14001規格の最新版である2004年度版の認証を取得いたしました。
この規格を充分に活用し、環境方針のとおり、社を挙て環境保全対策を行って行きます。
環境等の内容は「情報ネット」をご覧下さい。

conci_03 conci_04
 東山動物園での花植えの様子  道路清掃の様子

 

中部リサイクル株式会社 環境方針

Ⅰ.基本理念
中部リサイクル株式会社は、企業としての社会的責任を遂行するとともに、環境の維持向上に不断の努力を行うことを基本理念とする。
廃棄物の処理からリサイクルという循環によりゼロエミッションを目指し、地球環境保全に寄与貢献することとし、気候変動の緩和、生物多様性の保護を考慮し、以下の方針に基づき環境管理活動を行う。

Ⅱ.行動指針
1.2015年度版ISO 14001に準拠し、構築した環境マネジメントシステムにより、環境管理活動を推進する。
2.当社の活動、製品及びサービスが係わる環境側面を常に認識し、環境汚染の予防を約束するとともに環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
3.当社の活動、製品及びサービスが係わる環境関連法令、条例等の法的要求事項及びその他の要求事項を順守する。
4.当社の活動、製品及びサービスが係わる環境側面のうち、次の項目を環境管理の重点テーマとする。
    ①廃棄物(燃え殻・ばいじん・汚泥等)の再資源化を進め、環境保全とゼロエミッションの推進を図る。
    ②温暖化ガスの排出量抑制のため、利用資源である電力、燃料等資源の使用目標値を定め、環境負荷低減に貢献する。
    ③製品である溶融還元石(エコストーン)、溶融メタル、脱塩製品等の品質向上に努力する。
    ④環境保護と生物多様性を考慮して溶融還元石の自社拡販増量を進める。
    ⑤ISO 14001認証取得事業所にふさわしい職場環境を維持するため、整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ) = 5S活動の徹底を図る。
5.この環境方針の達成のため、環境目的・目標を設定すると共に、継続的改善に向けて定期的に見直し、全従業員に周知し、全従業員をあげて環境管理活動を推進する。
6.この環境方針は、一般の人が入手可能とする。
   2017年 1月 5日
   中部リサイクル株式会社
   代表取締役社長  望月康広

PAGETOP