中部リサイクルは、焼却灰を貴重な金属や建設資材に資源化するゼロエミッション・ファクトリーです。

中部リサイクルは、焼却灰を
貴重な金属や建設資材に資源化する
ゼロエミッションファクトリーです。

道路、河川での再利用

  • HOME »
  • 道路、河川での再利用

 道路、河川での再利用

産業廃棄物処理工程で生じる溶融還元石の再利用は、限りある資源の有効活用を推し進めることに加え、限りある最終処分場の延命を実現する有効な手段として、環境負荷の低減に貢献します。 弊社の処理工程で生じる全ての溶融還元石は、徐冷・再結晶化のプロセスを経て、石質系資材に加工。その全てを建築資材として販売、リユース。 舗装材料として、インターロッキングブロックや歩道用平板、路盤材、アスファルト骨材などに活用される一方、親水施設や護岸工事など、水辺環境の整備事業などにも積極的に利用されています。

road_image

 

road_01
河川修景石材として利用

水質に悪影響を与えない、安全な建築素材です。

河川修景石材として利用

自然の風景にもよく馴染む資材として活用されています。

河川・堤防の護岸

周辺住民の方々を水害から守ります。

路盤材・アスファルト骨材

日常に欠かせない道路の素材に活用されています。

モニュメント(溶融還元石を加工)

天然石と変わらない存在感、重厚感を実現します。

歩道平板

生活を豊かに彩る公園の舗装材にも活用されています。

PAGETOP